ビジネスでハイヤーを利用する

ハイヤーの利用で大部分を占めるのは、ビジネスでの利用です。主に大企業や外資系企業をはじめとする企業を中心に、IT企業や中小企業でも利用されています。これらの企業が利用するのは、主に役員の送迎と各企業への挨拶回り、さらに接待ゴルフの送迎などです。また、海外からの出張者の出迎えとして、空港まで迎えに出向くこともあります。まさに企業の中心となる人物の仕事には欠かせない役割を担っており、ハイヤーがなければスムーズな仕事ができないかもしれません。

ハイヤー会社によっては、企業が車両を持っている場合は、運転手のみを派遣する形を取ることもあるようです。しかし、多くの企業は車両を手放す方向になっており、ハイヤー会社のスタッフが車両を運転してお迎えにあがるというスタイルが多く見られます。車内はコロナ対策のため消毒も徹底し、オゾン発生器を使い車内の殺菌も行っています。飛沫防止用のフィルムやお客様用の消毒液も準備してあるので、万全の対策が取れていると言えるでしょう。このような徹底した感染防止対策により、公共交通機関では行えないような対策が取れているはずです。安心して乗車できる条件がそろっているといえるでしょう。

また、ささやかながら心遣いとして、車内ですぐに使えるWi-Fiやスマートフォンの充電器、ミネラルウォーターやお菓子などのサービスも行っています。車内での時間をリラックスして過ごしてもらえるよう努めているのです。

最近では大企業の本社に短期出張をしてくる人に対しての送迎でハイヤーを依頼されることも多くなってきました。多くがホテルに連泊されているので、ホテルと企業の往復になりますが、地方から出てこられた場合、東京はどの景色も同じように見えて難しいといいます。さらに、朝の満員電車に乗って通勤するわけにはいかないため、ハイヤーサービスは大変役に立っているのです。

また、企業の役員の送迎として、接待ゴルフの送迎も行っています。ゴルフ場の多くが郊外にあることから、各自運転して出向くよりも、ハイヤーによる送迎が安心できるでしょう。ハイヤーには少人数の際にはセダンタイプ、人数が増えるとバンで対応します。相乗りをすることによって、親睦を図ることもできますし、何よりも道に迷ってしまうことなく、プレイ開始に間に合うでしょう。ときには冠婚葬祭やパーティなどの送迎も行っているので、役員のご家族の皆様にとっても安心して帰りを待つことができます。