ハイヤーに使われる車両と安全対策について

ハイヤーに使用される車両の多くは安全性の高い車両ばかりです。国内外問わず、高級車が採用されています。高級車を採用するには理由があって、シートの座り心地の良さがあります。高級車しか乗ったことがない人にとっては、その心地よいシートを何とも思わないかもしれません。しかし、あらゆる車に乗車した経験があれば、高級車はシートの座り心地が違うことを座った瞬間に感じられるはずです。

やはり使っているシートの違いで、車内のリラックス効果は違ってくるでしょう。また、腰の負担にならないようなシートが多いため、腰の悪い人にとっては座っていて楽です。足腰の悪い家族のために高級車に買い替える話はこのような理由があるからです。ハイヤーという高級車は座り心地の良さがあるからこそ、家族の観光ガイドの依頼も増えていると聞きます。足腰の悪い親御さんへの親孝行のひとつとして、記念日や花見の季節に車内からの観光案内が増えるのも納得です。

座り心地だけではなく、内装に関しても高級感があふれており、上質なインテリアに囲まれています。シンプルにまとめられたインテリアは邪魔なものがなく、洗練されていることがわかるでしょう。ハイヤーの高級感はこのように実際に乗った感触や目に入るインテリア、重厚感のある外観がかもしだしているものです。

また、実際にスタッフが運転する場合にも違いがあります。高級車はエンジンパワーがあり、長距離の運転時にも運転をしていて疲れません。運転の疲れは事故の原因のひとつと言われているため、安全面にも間接的に関係しています。カーブを曲がるときも安定感があるため、衝撃も少なく、乗っていて安心につながります。ただし、燃費の面から見ると決して良いとは言えません。しかし、メリットの多さを考えるとデメリットについてはかすんでしまうでしょう。

高級車の採用以外にも大切なこととして、スタッフの運転技術の向上や事故防止の取り組みがあります。定期的に行われる安全講習をはじめとし、運転実地講習、実際にドライブレコーダーをチェックすることで、どのような運転をしているかなどを行っています。特にドライブレコーダーをチェックすることは、普段の自分の運転を過信しないためにも必要であり、運転技術が高く、運転歴の長いスタッフだからこそ必要なことなのかもしれません。さらに、外部講師を招いての安全講習が行われることもあります。このように座学だけではない講習があることで、安心してハイヤーの依頼ができます。