ハイヤー利用はスポット利用と長期利用から選べる

ハイヤーを利用する時に、1回限りの利用であるスポット利用と、中長期の利用を契約する方法があります。スポット利用の多くは、個人利用によるものであり、各種イベントの送迎をはじめ、プロポーズやサプライズなどの記念日の演出、受験や退院など、あらゆる場面で利用されており、周りの人でも利用されたことがある人も増えていることでしょう。また、海外の人にとってはスポット利用で英語を使った観光ガイドをしてくれるため、心強い存在です。スポット利用はハイヤーの運転以外だけではなく、サプライズのフォローや企画力も必要なので、スタッフの実力が試されると言えるでしょう。

企業がスポット利用を依頼する場合は、取引先の役員の運転手をお願いしたり、企業の挨拶回りでお願いしたりすることが多いのですが、その多くはひいきにしているハイヤー会社やスタッフがいることが一般的です。ハイヤー会社と企業との信頼関係によって成り立っていることが多いと言えるでしょう。

また、企業が役員のために運転手を付けるというときに、中長期の契約で依頼することが多くなっています。以前までは企業が直接雇用している運転手がいました。役員が出勤する際のお迎えから、出張時の送迎、夜間の会食やパーティの送迎など、あらゆる場面で運転手は役員の仕事の支えとなっていたのです。現在は企業の多くが、このような運転手の直接雇用を抑制していたり、直接雇用を無くしたりしています。直接雇用にはメリットも多いのですが、車両の維持費を含めて経費がかかり過ぎる傾向があるからです。

企業はもちろんですが、政治家や芸能人、スポーツ選手のなかにも、運転手を直接雇用している場合があります。この場合はマネージャーを兼ねていることもあります、この傾向がここ数年、一気に変わってきたように感じます。運転手のアウトソーシングが進んでおり、ハイヤーサービスを運営している企業に外注する動きが出ています。アウトソーシングすると、必要なときだけ運転手を呼ぶというスタイルになりますが、車両の購入から維持費が掛からないので、コストの削減になっているようです。これらコストの削減がこれまでの運転手の人数分となるため、削減効果が高いことは理解できるでしょう。

また、ハイヤーサービスに所属しているスタッフは、守秘義務を守ることは当然ながら、要人や企業の役員などともスムーズに会話ができる人材が求められます。細やかな心遣いやお客様目線の対応ができなければなりません。